きんぶた◎まんぷく日記

食と人と育児と旅行。

MENU

最後の一枚は何で割る? "かたやき"で有名な「鎌田製菓店」

伊賀・名張といえば、"忍者の里"ですよね。

その忍者が常備食として持ち歩いていたとされるものが"かたやき"なのだそうです。

f:id:kinnbuta:20211018065344j:image

忍者の常備食。

気になりますよね〜。
f:id:kinnbuta:20211018065341j:image

原材料からみても、

素朴な甘さが伝わってきます。

今回、購入したお店は鎌田製菓店です。

f:id:kinnbuta:20211018065530j:image

外観も内観も、

老舗である事が感じられます。
f:id:kinnbuta:20211018065527j:image

創業も長そうですが、店員さん曰く

こちらが"かたやき"の発祥

のお店ではないそうです。

 

ただ、販売の隣には

かたやきを作る機械が並んでおり

こちらで作ったものを販売しているとの事。

 

どれだけ硬いのか楽しみだ!

今回は

・かたやき 350円(10枚入り)

を購入。

 

お店によっては、

トンカチが入っているかたやきも

ありますが、こちらはありません。

 

店員さんに

「どうやって割るんですか?」

と聞いてみたところ、

「かたやきを2枚持って、垂直に当てれば

割れて食べられますよ」

と教えてくれました。

 

なるほど…ん?

最後の一枚はどうやって割る?

少し疑問に感じながらも

家で実践。

f:id:kinnbuta:20211018070406j:image

まず2枚準備しました。

青のりと胡麻の2種類が入っています。
f:id:kinnbuta:20211018070403j:image

それを垂直に激しく当ててみる。

かなりの強さで叩いて

やっと割れました。

粉々になることもあるので

テーブルの上でやることをお勧めします。

食感は本当に堅い!!

飴をガリガリ噛む以上の堅さです。

味は素朴な甘さでとても美味しいです。

 

"近頃の若者は柔らかいもの

ばかり食べてるから歯が弱い"

なんて聞いたりもしますが

本当に歯が欠けてしまう人も

いるのではないか…

 

顎を鍛える上でも是非、

チャレンジしていただきたいです。

 

ご馳走様でした!

関連ランキング:和菓子 | 上野市駅西大手駅広小路駅