妊娠後期の足の浮腫問題。妊娠高血圧症による日産玉川病院での入院生活【3日目】2回目の陣痛促進剤投与!

おはようございます。

ドキドキ。

今日も朝から血液検査と診察があり、

何もなければ陣痛促進剤スタートです。

 

診察も血液検査も特に問題なし。

強いて言えば、

肝機能数値が少し高いくらいとのこと。

 

ということで、

朝から陣痛促進剤の投与開始です。

今日で2回目。

2回目の方が効くというのは

まさにその通りでした。

 

昨日までは投与から痛みまで

1時間程かかりましたが

今日は投与し始めてすぐに痛みがきました。

 

さあ、自分の陣痛が来てくれるかどうか。

…結果、最初に来た痛みのまま終了。

陣痛まで至りませんでした。

 

残念だったなぁ。

 

先生も今後どう対応していくか

方針に迷われている様子。

 

血液検査の結果も問題ないし、

子宮口も2センチぐらいまだ開いてて

柔らかくなってきている。

つまり、急いでやる必要はあまりない。

ただ、浮腫がひどく、

今後も母体がどうなるのかわからない

状況でそのままにするのも危険。

 

結論としては

明日明後日は土日ということもあり、

2日間は休憩にして、

月曜日にフウセン入れて子宮口を開く

方向になりました。

 

フウセン?なんぞや?

調べてみると、

そうゆう処置があるようですね。

陣痛・出産を促すための

処置の一つらしいです。

名前の通り、バルーンと呼ばれる

風船のような形の器具を使うみたいです。

 

子宮口にフウセン状のものを入れて、

子宮口を柔らかくし、促す。

 

という感じです。

どんな感じなんだろう??

痛いのかな?

あまりに無知だと怖いので、

一応ネット検索。

 

結果、痛そう。笑

 

あと2日あるし、

今はゆっくりする事にしよう。

 

今日も促進剤だったので

朝と昼は食べれず。

でも、助産師さんが可哀想に思ってくれて

先生にゼリーの許可だけもらってくれました!

嬉しい。。

なんて優しい方々なんだ。

 

なので、ウィダーゼリーを3つ飲んだので、

少し満たされました。

 

今日の夕飯は何かな〜

妊娠高血圧用の病院食になった私は

少し物足りない食事を堪能しています。

本日の玉川病院の病院食はこちら。

f:id:kinnbuta:20210614102244j:image

産前常食を食べていた経緯もあるので

物足りない感じ。

妊娠高血圧用の病院食なので、

減塩ということで品数も少ないし。。

 

まあ、食事があるだけありがたいです。

そんな今日はゼリー?がついてました!

助産師さんたちも、

なんだこれは??と興味深々。

f:id:kinnbuta:20210614104212j:image

栄養科からのメッセージ付きです。

梅雨の季節に合わせて、ゼリーが!

味も美味しかったです。

下はミルクプリンのような味わいで、

上は寒天ゼリーのような感じ。

満足しました!

ご馳走様です。

 

明日から2日間は少し休憩する日。

今日で37週突入したので正産期。

運動してこなかったので、

身体を動かしたりしてみようと思います。

 

一先ず今日も疲れたので

おやすみなさい。

 

 

↓次の記事はこちら↓

妊娠後期の足の浮腫問題。妊娠高血圧症による日産玉川病院での入院生活【4日目】陣痛促進剤、休息の日。 - きんぶた◎まんぷく日記