日産 玉川病院で入院生活【1日目】切迫早産で約1ヶ月の入院と病院食の記録

ついに妊娠33週目を迎えた私。

分娩予約している玉川病院で初めての検診でした。

そこで告げられたのは…

 

"切迫早産"

 

そして、緊急入院となりました。。

 

期間は、3週間。

 

長い。。

 

どうしよう、まだ静岡の引越しも終わってないし、今日は日帰りで静岡に帰るつもりだったのに。洗濯物も干しっぱなしだ。

仕事の引き継ぎも中途半端だし…

色々と頭の中でグルグルし始め、現状受け入れなれないこの感じ。

 

でも入院準備がどんどん進みます。

主人と両親に早速報告。

みんな驚愕。

そりゃそうだ。

妊婦なのに、静岡から車で1人で運転してきたくらい元気でしたので。

f:id:kinnbuta:20210521095559j:image

もちろん、休憩は多めに、途中の足柄SAでメロンパンなんか食べて寛いでいました。

これ美味しかったな〜。

入院になると思ってなかったから、食べておいて良かった。

 

そして少し落ち着いて、入院するお部屋へ。

f:id:kinnbuta:20210521095818j:image

コロナ禍ということもあり、PCR検査や抗体検査を受け、5日間はこちらの個室で過ごすことに。

とても快適です。

f:id:kinnbuta:20210521100002j:image

まさか、分娩前に産科棟で入院することになるとは思っていませんでした。

そして、初めての夕食。

f:id:kinnbuta:20210521103628j:image

こちらは通常の入院患者さんと同じメニュー。

お魚は南蛮漬け風でした!

妊婦食は、分娩時のお楽しみにしておこう。

 

そろそろ産休にも入るし、色々と準備しないと!と思っていた矢先の出来事。

 

これから3週間、時間があるからたくさん調べることにします。

 

 

↓次の記事はこちら↓

日産 玉川病院で入院生活【2日目】 - きんぶた◎まんぷく日記