日産 玉川病院で入院生活【2日目】切迫早産で約1ヶ月の入院と病院食の記録

切迫早産で緊急入院となり、玉川病院での入院2日目突入。

PCR検査の結果が分かり、陰性とのこと。

一先ず安心。

助産師さんたちはテレビでよく見る防具服のようなスタイルから、通常に戻りました。

この徹底ぶりは安心できます。

f:id:kinnbuta:20210521105258j:image

朝ごはんを食べてすぐにまた寝る。

点滴の副作用に慣れず、身体がすぐに疲れる感じがあります。

手の痺れ、動機、火照り。

2〜3日で身体が慣れてくるそうなので、もう少しの辛抱。

 

たまたま土曜日でしたので、

主人と両親がたくさん動いてくれて、

入院に必要な荷物を揃えてくれました。

 

玉川病院では、コロナの状況で面会はNG。

なので、荷物の受け取りも全て助産師さんが間に入って対応してくれます。

 

それはそれで少し寂しいけど。

大切な赤ちゃんと妊婦さんのためを想って

対応してくれていることに感謝です。

 

そうなると、、楽しみはご飯になります。笑

f:id:kinnbuta:20210521105758j:image

お昼はカレーうどんに大学芋!

なかなか見ない組み合わせです。

糖質✖️糖質。

栄養士さんが管理してくださってるんですよね??この組み合わせ、良いんだ!

美味しくて完食。

お口直しに家から持ってきていたお菓子をつまむ。(これはダメですね)

妊婦になってからはよく食べられます。

 

そしてまた昼寝。

身体が疲れる…

 

色んな方にLINEで入院報告をしていると、

あっという間に夕食。

f:id:kinnbuta:20210521110258j:image

これだけがっつり食べてもお腹空くので、

両親が持ってきてくれた荷物に入っていたビスコをつまんで就寝。

 

こんな生活が3週間続くなんて…

少し不安ですが、頑張ります。

 

 

↓次の記事はこちら↓

日産 玉川病院で入院生活【3日目】 - きんぶた◎まんぷく日記