きんぶた◎まんぷく日記

食と人と育児と旅行。

MENU

名物"松牛焼"は手土産にも最適 店名がどうしても覚えられない「竹輝銅庵」

松坂市に行った際に立ち寄りたかったこちらの場所。

竹輝銅庵です。

読み方は"ちっきどうあん"。

慣れない言葉で覚えにくい…

店名の由来が知りたいですね。

f:id:kinnbuta:20211008064404j:image

以前は緊急事態宣言中ということもあり、

お店の前まで行ったものの、臨時休業に。

 

残念だと思っていたら、主人の営業先が近くにあることを知り「今度営業先行くついでに買ってくるよ」と優しい一言をかけてくれました!

 

ということで、今回はテイクアウトで購入。

f:id:kinnbuta:20211008064631j:image

店内はご近所マダム達が

井戸端会議をされていた模様。

近所の方に愛されるお店が

1番美味しいんですよね〜。

 

今回注文したのは、

・松牛焼(あんバター) 親牛 150円

・松牛焼(かぼちゃあん) 子牛 80円

・松牛焼(牛しぐれ) 子牛 160円

 

f:id:kinnbuta:20211008064636j:image

かぼちゃあんは今月の月替わりあんとのこと。

牛しぐれは、松坂牛入りのしぐれ煮を使っているようで少しお高め。

 

注文してから焼いてくれるとのことで、

15分ほどかかると言われたそうです。

待っている間に、

お茶と松坂牛の形をしたクッキー

をいただいたとのこと!

なんと親切なお店なんだ。

f:id:kinnbuta:20211008065502j:image
f:id:kinnbuta:20211008065505j:image

焼き上がったあとは

可愛らしい紙袋に包装。

手土産にも最適ですね。

松牛焼(しぐれ煮)は

アツアツの方が美味しそうだからと

焼き立てを食べたそうです。

f:id:kinnbuta:20211008065721j:image

子牛サイズは二口で終わってしまったそう。

味は生地のほんのりした甘さと

しぐれ煮のしょっぱさが

ベストマッチしていたそうです。

f:id:kinnbuta:20211008065727j:image

テイクアウトして持って帰ってきてくれたのは

親牛と子牛。

f:id:kinnbuta:20211008065932j:image

インスタ映え、間違いありません。

可愛い。

f:id:kinnbuta:20211008070103j:image

親牛は手のひらサイズで、

子牛は指先からのサイズ。
f:id:kinnbuta:20211008070106j:image

かぼちゃあんとあんバターの2種類を

半分ずついただきました。

少し温めた方がいいかも、ということで

トースターで生地を温める。

f:id:kinnbuta:20211008070241j:image

ナイフを入れると、

外はカリッとした模様。

f:id:kinnbuta:20211008070328j:image

かぼちゃあんは舌触りが滑らか。

甘くて生地の甘さが少しボケてしまうのかな?
f:id:kinnbuta:20211008070325j:image
あんバターは粒あんが

ぎっしり詰まっていて

とても美味しい!

これで150円はかなりお得だし、

また食べたいと思いました。

 

主人曰く、焼き立ての方が

生地が生っぽくて美味しかったとのこと。

 

今度は焼き立てを食べに行きたいなあ。

ご馳走様でした!

 

関連ランキング:カフェ | 徳和駅東松阪駅松阪駅