三島の新スポット「三島スカイウォーク」は意外と楽しめる場所

2015年にオープンしたばかりの、三島の新スポットとされている「三島スカイウォーク」。

旦那さんが教えてくれて、以前から少し気になっていたので、先日友人夫婦と一緒に行ってきました。

どんなところなのか、ご紹介させていただきますね♪

 f:id:kinnbuta:20170614105308j:image

日本一の吊橋を渡る!

三島スカイウォークには、歩行者専用では日本一を誇る大吊橋があります。その長さは、なんと400m。天気のいい日には、富士山も見えて景色も最高です。

まず、この吊橋を渡るのに、入場料を払います。(大人1000円、中高生500円、小学生200円)

f:id:kinnbuta:20170614110949j:image

入場すると…撮影スポットとして良いお洒落なオブジェが出迎えてくれます。

ここで記念にパシャリ。

f:id:kinnbuta:20170614111119j:image

撮影後は、日本一の大吊橋を渡ります。

長い。半分くらいでまだ半分あるんだと感じます。そして高い。下を見るとぞくっとします。高所恐怖症の方は厳しいかもしれないです。

景色がよくて気持ちいい〜!遮るものが何もないので、真夏は少し辛いかもしれませんね。

 

そして、やっと向こう側へ到着。

渡った先には、少しの売店と、整備された公園、おみくじを引く場所がありました。

f:id:kinnbuta:20170614111554j:image

この「kikoroの森」を登って行くと、おみくじを引ける場所へ行けます。整備されていていい感じ♪所々にいるkikoroが可愛いです。

f:id:kinnbuta:20170614111723j:image

門をくぐって登って行く途中は、両側全てアジサイ。梅雨の季節はとても風情があって良い名所になりそうです。

f:id:kinnbuta:20170614111910j:image

歩いている途中にもkikoroを発見。

丸っこくて愛らしいですね。

f:id:kinnbuta:20170614112017j:image

こんなところにも。

f:id:kinnbuta:20170614112040j:image

kikoroを見つけながら行くとあっという間におみくじの場所へ着きました。

f:id:kinnbuta:20170614112131j:image

おみくじは、中に刺さっているのを取る方式。夫婦で一枚ずつ引いてみました。

f:id:kinnbuta:20170614112233j:image

このおみくじ、実は種が入っているんです。何が入っているかは、職員さんたちもあまり知らない様子。持って帰る人もいるようですが、帰り道の吊橋の途中でヒラヒラ〜と投げるのが主流だそうです。投げるとクルクルと回転して綺麗に落下していくとのことです。

私たちは、なんとなく記念に残したかったので、投げずに持って帰ってきました。

f:id:kinnbuta:20170614112545j:image

そして、吊橋を渡ってもどって休憩。

入場券を買った際に、ソフトクリームの割引券をもらったので、ちゃっかり使ってみました。

 ソフトクリームは濃厚で美味しいです。1人1個普通に食べれますが、お昼を控えていたので2人で1つをシェア。

f:id:kinnbuta:20170614113012j:image

 お昼は、併設されている「スカイガーデン」内にある「パオリーノ」という揚げピザのお店で購入して食べました。

f:id:kinnbuta:20170614113128j:image

私は「野菜煮込みのパンツェロッティ」、旦那さんは「豚肉ラグーのパンツェロッティ」を注文。

f:id:kinnbuta:20170614113340j:image

揚げたてのものを店員さんが運んできてくれます。豚肉ラグーは、あまりお好みではなかったようですが、野菜煮込みは美味しかったです。

ここで販売している、いちご大福も美味しいので食べたかったけど、お腹いっぱいで断念。

お土産コーナーをふらっと見れたし、だいぶ満喫できました。

近くには、伊豆フルーツパークもあるので、これからまた観光客が増えるかもしれませんね。

伊豆フルーツパークは、季節ごとに変わる果物狩りもできるそうなので、今度は私もぜひやってみたいところです。

三島の新スポットのこれからが気になりますね♪

 

⬇︎三島スカイウォークHPはこちら⬇︎

日本最長 富士を望む大吊橋 三島スカイウォーク

⬇︎伊豆フルーツパークHPはこちら⬇︎

伊豆フルーツパーク

 

 

 

以上、きんぶた情報でした▶︎▶︎